質問:
写真の右上を横切る赤いもや
Wayne
2010-11-09 17:33:11 UTC
view on stackexchange narkive permalink

キャップを付けてシャッター優先モードに設定し、30秒に設定して写真を撮ります。写真を撮ってNRジョブを実行すると、右側に黒い写真と赤い線/かすみが表示されます。写真と写真の上部。

  1. レンズ/ボディに問題があると思われますか?
  2. 問題を診断するにはどうしますか?
  3. 私は過剰反応していますか?これは既知の問題です(現在、天体写真にのみ影響します)
  4. ol>

    機器

    18-200mmNikkorおよびNikkor85mm f /1.8gレンズを搭載したNikonD90。 ISO 2000+

    注:アーティファクトが消える前にISOをどれだけ低くできるかを確認するための実験は行っていません

二 答え:
#1
+6
James
2010-11-09 18:04:34 UTC
view on stackexchange narkive permalink

これはごく普通のことだと思います。特に高ISO(感度)を使用している場合はそうです。これは古いD50で経験したことです。

実際には、どこかで光が漏れるのではなく、カメラ内の熱によって引き起こされるセンサーのアーティファクトだと思います。

長時間露光の場合は、カメラの背面から光が入らないようにファインダーを覆う必要があることに注意してください。

これでよかったです!私はおそらく正常なことに反応したくありませんでした。私は、それは高いISOおよび/またはNRによるものであり、実際のハードウェアの問題ではないと結論付けました。
#2
+3
Michael C
2013-02-09 17:28:00 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ニコンのデジタル一眼レフを高ISO /長時間露光の状況で撮影したことはありませんが、ファインダーから光が漏れて、ミラーが上がっているときにミラーの端を通過することが原因であると確信しています。ただの理論。長時間露光の夜の写真を撮っているとき、私のキャノン(5DII & 7D)と同じようなものを見たことがありません。長時間露光NRは、「ノイズのみ」の露光が行われ、最初の露光から差し引かれるときにシャッターが閉じられるため、それをキャッチしません。

この質問のD90の場合は疑わしいですが、一部の[他のニコンカメラにはライトボックス内に小さなIRエミッターがあります](https://photo.stackexchange.com/q/73554/15871)。シャッターの動作確認に使用します。 IRカットフィルターを含む工場のセンサースタックが無傷の場合、放出された遠赤外線はセンサーに到達しません。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 2.0ライセンスに感謝します。
Loading...